OUTLINE実施概要

ESG投資について

最近、ニュースなどでも目にする「ESG投資」という言葉をご存知でしょうか?

ESGとは環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の英語の頭文字を合わせた言葉で、ESG投資とは、投資家が企業への投資を判断する際に、財務情報に加えて、ESGに関する情報を意識的に考慮して行う投資の総称です。

ESG投資は、2006年に国際連合によって提唱され、欧米の投資家を中心に企業の価値を測る新しい評価指標として関心を集めています。

ESG投資の中では、一般的な関心が高く、企業の取組内容を具体的に把握しやすい環境の観点や、ダイバーシティの向上や人権問題が含まれる社会の観点に注目が集まりがちです。しかし、ESG投資の中で最も重視されるのは、企業の健全な運営を実現するガバナンスの観点であるという調査結果※もあるなど、ガバナンスの観点もESG投資を進めていく上で重要な観点です。

ESG投資において、近年特筆すべき点としては、「グリーンファイナンス」という、エネルギー効率改善、廃棄物の排出量削減、再生可能エネルギー導入などを目的とした資金調達が拡大していることが挙げられます。


SDGsについて

ESG投資の普及と同時期の2015年には、国連サミットにおいて、グローバルな社会課題を解決し持続可能な世界を実現するための国際目標であるSDGsが採択されました。SDGsを経営の中に取り込むことでESG投資を呼び込もうと、各企業がSDGs達成に向けた取組を開始しています。
SDGsの17の目標については、国際連合広報センターのホームページ及び外務省のホームページをご覧ください。


ESG投資部門の実施概要について

「ESG投資部門」の”ESG投資カテゴリ”では、ESG投資の普及を実践している金融事業者(アセットオーナー、アセットマネージャー、格付け機関等)、 ”SDGsカテゴリ”では、SDGs経営の取組を実践している事業者(金融事業者も含む)を募集します。

ご応募いただいた事業者のうち、特に優れた事業者(3者程度)を選定し、その中で特にグリーンファイナンスの取組において優れた事業者を知事特別賞として表彰します。


※「2020 Annual ESG Manager Survey」による。


事業者定義図


SCHEDULEスケジュール

ニーズ・課題の募集(5/10〜6/10)

解決策の募集(7月上旬〜9月中旬予定)

書面審査(10月予定)

プレゼンテーション審査(11月予定)

デモ・表彰式(2022年2月予定)


NEEDS
AND
CHALLENGEニーズ・課題

実施概要に記載の通り、東京都として解決すべきESG投資・SDGsのテーマを設計するにあたり参考とさせいただきたく、都民の皆さまのニーズ・課題を募集致します。
募集要項はこちらをご参照ください

このページには直接アクセスできません。